富士山の天然水は、どんなミネラル成分が入っていますか?

ウォーターサーバーには多くの種類があり、使われている水の産地も処理方法も大きく違うと言われています。

富士山の天然水には、ウォーターサーバー バナジウムのような水があります。

マーキュロップが提供している富士山の天然水はどのようになっているのでしょうか。

富士山の天然水は、富士山で標高No1の採水環境である富士山の標高1,030mの国立公園から水を採っているようです。

含まれているミネラル成分は、カルシウム6.8mg/l、マグネシウム2.3 mg/l、ナトリウム4.7 mg/l、カリウム1.2 mg/l、バナジウム86μg/lといった成分が含まれていて、口当たりが柔らかく、水本来の甘さが楽しめる成分になっています。

富士山の天然水は、様々な殺菌処理を施したあとに失われたミネラルを補っているのではなく、天然由来のもともと水に含まれているミネラル成分を活かす作り方になっているため、自然が作り出す水本来の味やミネラルをそのまま摂取できるようになっているところが特徴です。

後から足したミネラル成分と、もともと水に含まれていたミネラルでは、やはりもともと含まれていたものを摂るほうが質が高くて効果が高い友いわれているため、富士山の天然水を飲むことで健康な身体を得ることもできると考えられています。

WordPress Themes